佐々木医院





検査について


上部消化管内視鏡(胃カメラ)

一般に内視鏡検査は、「苦しい」「気持ち悪い」と思われがちな検査です。当院では、患者様にとって負担の軽い検査を心がけております。  上部消化管検査では、現在スクリーニング検査の主流である「経鼻内視鏡」もしくは、先端径6.5mmという細径のファイバーを用い、咽頭麻酔のみでも容易に飲み込めるように配慮しております。また、どうしても検査がお辛い方は、ご相談下さい。 なお検査は、『日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医』の資格を有する専門医が行いますので、安心してお受けになれます。
下部消化管内視鏡

下部内視鏡検査では、「腸管洗浄剤が飲みにくい」「内視鏡が痛い」という従来の検査イメージを払拭していただけるように「飲みやすい洗浄剤」を服用していただき、「痛みの少ない検査」をモットーにしております。患者様の症状に応じて麻酔や痛み止めをご用意することも可能です。 検査は、一日におひとり限りで行っております。病院等でお受けになるような慌しさはありませんので、ご安心下さい。 またポリペクトミーなどの処置が必要な場合には、連携医療機関にご紹介いたします。
上部消化管透視検査
岡山市の「胃がん検診」の検査項目である上部消化管透視検査は、バリウムを飲んでいただきX線テレビ下のもとで「食道」「胃」「十二指腸」の造影検査を行い、胃がんや胃潰瘍・胃炎等の検出に努めています。
検査は、個別更衣室で検査着に着替えていただきますので、衣類等の汚れる心配はありません。
超音波検査(エコー検査)

超音波検査は、頚動脈・甲状腺の頸部、心臓、肝臓・すい臓・腎臓等の腹部臓器、子宮や前立腺などの骨盤内臓器を低侵襲で観察することができる検査です。頚動脈検査は、動脈硬化の判定や脳卒中の早期発見につながる検査です。腹部エコーでは、肝臓をはじめ多数の臓器を観察することが可能で、消化器がんや結石などの発見に有用です。心臓エコーは、高齢化と共におこってくる種々の心疾患の診断に有用です。(心臓のみ予約制)